前回は、ヘルメット(帽子)と薄毛の関係性について書きました。

 

毎日しっかりシャンプーをしている場合、薄毛の進行を止めることが可能です。
なぜなら薄毛の原因は頭脂に大きく影響をあたえるからです。

 

頭皮を清潔に保っている場合は、まだ軽度なのでヘルメットを被らない生活を続ければ自然治癒しますが、どうしてもヘルメットや帽子を被らなければならない事情があるなら、いくつかの工夫とケアで薄毛・抜け毛を改善させることも可能です。

 

  • ヘルメットのサイズを自分に合ったものにする
  • できるだけヘルメット(帽子)を脱ぐ時間を多くつくる
  • ヘルメットの下にインナーキャップや薄手のタオルを被る
  • 就業後は必ず洗髪をし、ドライヤーできちんと乾燥させ清潔に保つ
  • ヘッドマッサージをして血行を良くする
  • 痒みやかぶれの症状がある場合は医師に相談するか、治療薬で処置する
  • 適切な髪の洗い方を実践する。

 

やることが多く感じますが、1つでもできていないことを実践すると薄毛の進行を止める1つの手段ができます。
今日からでも意識してできることを実践していくことをおすすめします。

 

頭皮環境はその他皮膚よりも頭髪がある分非常にデリケートでもあります。外を出歩くときは常に紫外線に接することになります。
女性だと日傘を使えば紫外線から99%頭皮を守ることができるのですが、男性だとなかなか日傘を使うことができません。
なので頭皮は常に健康のままに保つことが必要です。

 

 

皮膚炎を起こしたり、損傷を受けると痒みが発生し、汚れた手や爪で掻きむしることで、あらたな皮膚病の原因ともなります。頭皮も他の皮膚同様に薄いバリア機能を持っています。それが破られて皮膚が荒れてしまうと、普段なら何でもないような雑菌にさえ負けてしまうこともあるのです。
髪を洗うときはお湯だけでも8割髪を洗うことができます。シャンプーをするときは、頭皮をゴシゴシ洗いぎると頭脂がごっそり取れてしまいます。そのためシャンプーの前にシャワーのお湯だけで頭皮を先に洗い、
シャンプーの液を少なめにして頭皮を軽く洗うことで適切な髪の洗い方ができるので参考にしてください。

 

 

正しいシャンプーをした後は、育毛剤を使うと髪が生えてきます。
薬局ではリアップという育毛剤が有名ですが、副作用が問題とされています。