今、リアップがCMで流れていることにより安易に

リアップを使ってた人達がリアップの副作用に苦しんでいます。

 

 

あまり知られていないことですが、世界中で40万人以上の人が、子作りが
できない不妊症や体毛の増大など思わぬ副作用で直面しているのです。

 

どうしてこんなことになったのでしょうか?それは私にもわかりませんが、
その一つは言えることは正しい育毛成分選びを知っていれば、
リアップの危険性に悩まされる人達が続出することはなかったということです。

 

同じ間違いを繰り返さないために、このサイトでは育毛剤選びに失敗しないために「安心して髪が生える、リアップと同等成分配合の育毛剤」を2012年から紹介し、全国1万人を超える方々にこのサイトを読んでいただいています。

 

そして、多くのユーザー様から数え切れないほどのリアップの体験談を頂いています。その一部の消費者の声をご紹介します。

  • 企業側はミノキシジルの危険性についてもっと伝えてほしかった。
  • 薬剤師は、成分表に書かれている成分名と効能しか答えることができない。
  • 髪が生えてきて、副作用で顔や体毛が濃くなったら原始人に戻ってしまう。

 

これらの声に答え、これからリアップの危険性をしっかり紹介していきます。

 

リアップの有効成分ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、唯一、学会で認められた発毛です。多くのサイトでミノキシジル以外に発毛効果なし!と言われています。しかしそれは半分正解で半分不正解なのです。

 

みんなが口に出さないタブーな話し。


リアップの製品は、リアップX5、リアップジェット、リアップリジェンヌと3つの製品が販売されています。
薬局やドラッグストアでは、薬剤師がいないと質問や購入ができないため、多くの方が過ちに気づいていません。

 

  • リアップX5…ミノキシジル5% 薄毛がかなり進行している方
  • リアップジェット…ミノキシジル1% 軽度の薄毛用
  • リアップリジェンヌ…ミノキシジル1% 女性向け

 

製品によって上記の違いがあります。ミノキシジルの成分が多いほうが確実に発毛されるんでしょ?
と思われがちですが、成功に比例して副作用の危険性が跳ね上がるのです。

 

頭皮のかゆみ・ふけ

急激な体重増加

胸の痛み

頭痛・めまい

副作用は、リアップの取り扱い説明書にも小さく記載されています。
だからほとんどの人は読みませんが、知ってしまうと洒落にならない副作用なのです。

 

上記の副作用は、リアップの説明書に書かれているものです。
その中でサラッと目が止まるのが胸の痛みです。

 

リアップの死亡事故が過去3件あり。

 

過去にリアップの事故事例で循環器疾患で死亡が3件発生しています。
大正製薬は政府・厚生労働省に指摘されるまで、この事故を隠していた事実があります。

 

厚生労働省に指摘された際、循環器系の副作用が500例もあることを指摘されました。これにより、第一類医薬品に指定されました。

医薬品の種類って?

 

薬局には、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品と売られていますが、これらの違いは危険性を表しているものです。第一類医薬品になるほど効果も期待できますが、副作用リスクが倍に上がります。体にいいものを使いたい場合は、医薬部外品の厚生労働省が認可した同等成分が効果があり良いとされています。

 

育毛剤は使わないほうがいいのか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

真剣に髪の毛を生やしたいと考える人は、ミノキシジルと同等成分の
M-034という天然成分が配合された育毛剤をおすすめします。

 

なぜM-034の成分をおすすめするかというと、
これ以上リアップの危険性を知らずに失敗する人を見たくないからです。

 

リアップの化粧箱には、「6ヵ月以上使うことが最低条件です」と書かれています。一度リアップを使い出すと、なかなか止めることができないので副作用に苦しんでいる人が多いのです。
返品保証もないですし、電話サポートもありません。

 

これでは大量に商品を買ってしまった人は、泣き寝入りをするしかありません。

 



リアップと同等の成分がある育毛剤で、私が使っていて効いたものをランキングにしました。リアップは定価7080円ですが、ほとんど値段がかわらないので、副作用のない育毛剤をおすすめします。

 


 

 


 


なぜならこれらの違いは、頭皮の糖化(固さ)に由来してくるからです。人は歳を取るごとに再生細胞がどんどん死んでいきます。そうすると昔は頭皮が柔らかかったものの、歳をいくごとにどんどん固くなっていくのです。すると、ミノキシジルが頭皮に浸透していかないため成分濃度を高めて浸透させていかなければいけないのです。20代でハゲが進行している人は頭皮の固さとは関係ないので、無理やりミノキシジルが5%以上のものをつけても余計に副作用が発生してしまうだけなのです。リアップX5の主成分であるミノキシジルってあまり聞いたことなく副作用の危険性があるのか知らない人が多いけど、元々は血管拡張剤として開発されたもの、この成分を含む薬を飲んでる人達に、多毛症が増えたことで、発毛効果があるとわかり、日本では聞いたことのある「リアップX5」って育毛剤の主要成分として使われてます。似たような話で緑内障の目薬でも、副作用として目の周りの初毛が濃くなってきて、その結果を元に今では 睫(まつげ)美容液として販売もされてたりします。最初に欲しかった結果以外でも効果が出ちゃうなんて、嬉しい誤算ってとこでしょうね。ただし、元々薬として開発されただけあって、しっかり副作用もありますので、その点は注意しないと危険ですリアップX5でも血管が拡張され血圧が下がりすぎて危険な病気になってしまったり多毛症状になったり、頭皮に直接つけた時は頭皮の痒みやかぶれ、湿疹や炎症などさまざまな症状がでる可能性もあります特に副作用の危険性が上がるなが、リアップX5をする人で喘息もちの方、心臓に欠陥のある方はミノキシジルの配合されているものは使わないのが安全ですあと、お子さんにも多大な影響が出るので妊婦さん及び妊娠予定の方、小さいお子さんの育児中の方も危険なのでリアップX5は避けたほうがよいでしょう。リアップX5は今まで市場に出回ったものの中では高い育毛効果が認められていますが副作用も多く怖いので使用の際には医師や薬剤師などによく相談されると安心できます。リアップX5の育毛効果を上げるためにフィナステリド配合の服用薬と併用して利用もされています。こちらのフィナステリドも元々は別の治療薬でした現在の日本では80歳の男性の8割が前立腺肥大症になっているそうですが、その薬を開発中に偶然生まれた成分でした現在日本に多いAGA「男性型脱毛症」の方にフィナステリドを投与することにより、発毛を阻害していた出すぎた男性ホルモンの分泌を控えてくれるようになります、よって発毛が正常に近づくようになる。でもやはりと言うべきか、危険な副作用が多く報告されています一番多いのは皮膚のどこかが痒くなる(皮膚の異常の無い場所でも)次の副作用は男性にとっては2択を迫られる究極の選択と言いますか、性欲の減退や生殖機能の低下 他にも欝症状になってしまったり肝機能の低下あと子供を作る可能性のある人は、飲まないでください。子供の奇形児の危険性もありますこの2種類の薬(ミノキシジル配合の内服薬か外用薬と、フィナステリド配合のプロペシア薬の服用効果は高いそうですが、これだけ危険な副作用が多いのであれば、日常の生活を見直すことのほうが簡単かもしれないです油分の少ない食事(良質な油は必要です) タバコは確実に頭皮にも毛にも毒にしかなりません(体にも) 深酒もよくありません適度な運動(激しすぎは逆効果です) ストレスをう上手くかわす(最悪の事態を考えて行動していれば、大したこと無かったね などストレスが軽く感じられます)質のよい自分にあったシャンプーを選びよくすすぐ、夜に洗髪して雑菌が繁殖しないように手早く乾かして、直射日光に浴びすぎないように気をつけるなど、出来ることはあります。最後に健康のためにも毛の為にもゆっくり深く深呼吸 これお勧めです。